『地元の米スタンダード』の特徴

Riceshopの販売するお米は、
従来よくある品種の違いでの商品作りではなく、保存管理状態の違いに目を向けた商品作りを行っています。

Riceshopの取り扱う、お米の品種は、ひのひかり、さがびより、夢つくし、元気つくしの4種類になります。
これらの品種は、地元でとれる米の中でも、品質および保存性において、とても優秀な品種になります。

これらの中から、商品をご提供する時期によって、最も質の安定しているものを、都度選定し、
地元の米スタンダードとして提供しております。
(※我々が考える安心安全で美味しいお米の種類とは)

地元の米スタンダードには、金・銀・銅と3種類のランクが、ございます。
このランクの違いは、お米の粒の違いです。

主に、金は大きめの粒が均一にそろっているもの、銀は大きめと中くらいの粒もの、
銅は比較的小さめの粒のもの、で分けております。
 
粒の大きさは、味に違いがあるわけではございませんが、一般的に、大き目の粒が均一にそろっているお米の方が、
保存時の品質維持に強いと言われております。

弊社の倉庫から、精米・出荷したのち、お客様それぞれの環境でも、
比較的コンディションの影響を受けにくいものから、金銀銅とランクを付けさせていただいております。

地元の米スタンダードの精米方法には、玄米・白米の2種類がございます。